ゲームを考察

『ゲームを考察』では相互リンクを募集しています。
相互リンクご希望の方は、admin★o-mouke.com(★は@に書き換えてください)までメールにてご連絡願います。

相互リンクご希望に際しては当サイトへのリンクを事前にご掲載ください。
リンクの掲載が確認できない場合は、相互リンクを受け付けることが出来ません。

また公序良俗に反する内容を含むサイト様との相互リンクはご勘弁いただいていますことをご了承願います。

 

逆転裁判 ファンブック

http://images.amazon.com/images/P/4840224463.01._SCMZZZZZZZ_.jpg 人気ランキング : 123位
定価 : ¥ 1,365
販売元 : メディアワークス
発売日 : 2005-08
発送可能時期:通常1〜2週間以内に発送
価格: ¥ 1,365
もうすぐDSも発売!

やっと出ましたファンブック。待った甲斐がありました。
逆転裁判1〜3のフィードバックや、人気投票、開発スタッフのインタビュー、対談、DS版紹介等、イラストや画像も盛り沢山です。
スタッフが考えたナルホド君やミツルギ検事のプロフィールも楽しいです。小説も短いですが読みごたえがありました。
薄さの割りにボリューム満点の一冊、ゲームにハマった人には絶対オススメです。

今まで待たせた挙句のファンブックとしての出来はどうなのか

発売予定に挙がってから延期続きで、いきなり発売された感があります。攻略本ではないシリーズ1〜3の逆転裁判本というのでファンとして大変楽しみにしていたのですが、内容にはやや個人的に不満でした。B5版という大きさを持つにもかかわらず大きめのイラストが少なく、他の原画家さんや作家さんに描かれたものだったり、設定時のラフ原画は小さく、「逆転裁判3」攻略本で見たものばかりでした。開発者インタビューは数ページでしたが雑誌や攻略本などで読んだような内容で特にもう目新しい発言もなく、【この本を買ってよかった〜】という感動は特にありません。逆に、DS版発売のページが見開きであって、ゲームの発売に合わせて単に延期してきただけなの?と疑いたくなってしまうような。ファンとしては一度は手にしてしまうでしょうが、読後にはなんともみずっぽいスープを飲んだような気がするのでは。

ファンブックの名に恥じぬ出来

構成としては全エピソードを簡単に振り返り、キャラクター分析をして、制作者が知られざるエピソードや裏話を語って、キャラクターをドラマ・アニメ化するなら誰が、みたいな、攻略本のおまけコーナーを拡大して、ネットでよく見るアンケートをのっけて書籍化したような感じの本なんですが、その濃さはおまけレベルをはるかに超えていています。
とくに、全シリーズの企画・シナリオを担当した巧舟さんと有栖川有栖さんの対談は良かった。こんな対談は滅多に読めるもんじゃないですよ。また、制作者が「あんたそんなにぶっちゃけていいの?」ってくらいにベラベラ秘話をしゃべりまくっていているのも良い。そして、長坂れむ/榊涼介/芝村庸吏の3氏による短編小説が収録されていて、もういい意味で同人誌みたいなノリ。まさに、ファンのファンによるファンのためのファンブックでした。シリーズのファンなら買いでしょう。